30代パート女で保育園児の子供を育てている、夫と3人家族のふくふく24です。

現在、日本株、米国株、積立NISAで資産運用中です。

ライフもマネーもシンプルイズベスト。




8月は株式投資方針についてほんと迷いが多かったです。。。

ブログも自身の株式の内容に変更が私の割に多く書ききれませんでした。

なので8月の株式投資についてのことを少し書いていきたいと思います。

今後の投資方針が少し決まりました。
それに合わせて少し売買しました。

 
・ジュニアNISA・積立NISA枠を活用する。

・iDeCoは少し延期する。


<ジュニアNISAについて>

ジュニアNISAは年間80万円の枠があるので、8月で60万円分ほど使いました。

今年度は残り20万円ほど。

ジュニアNISAは2023年廃止なので、あと3年間で240万円分の枠を使いたいと考えています。

本当は半年程前ジュニアNISAの口座を開設したときにジュニアNISA枠で購入しておけば良かったです。

当時は株式資金が少なくてジュニアNISA枠だと数年は売却できないのが心配でジュニアNISA枠を使うことをやめました。

今は少し余裕ができたことから、しばらく売却できなくてもいいかと思えてジュニアNISAを活用しようと考えが変わりました。

なのでまずは8月は株を少し整理してジュニアNISA用の資金を確保しました。

三菱UFJ銀行100株・ENEOS100株・XOM2株・MCD1株を売却し、10万円分程を現金化しました。

XOMだけは損切しました。。。

正直、高配当につられて試しに買ってみて半年ほど全く良いことがありませんでした、、、

2株で売却手数料もかかり、税金もかかり、1,500円程マイナスでした。

特定口座なので損益通算はされるのが救いです。

配当金は1度だけ2株分0.65米ドル貰いましたがそれを含めてもしっかりマイナスです。

あとの売却した銘柄は日米ともに税抜各2,000円程の利益がありました。

その資金と残りの余剰資金を合わせてジュニアNISA枠でNTTドコモ100株・NTT100株・QQQ2株・SPYD1株と60万円分程を購入しました。

この購入でジュニアNISA枠は今年度は残り20万円分程になりました。

12月までに使い切りたいと思っています。


QQQは盛り上がってるのでミーハー心で2株だけつい買っちゃいました、苦笑

SPYDはもう少し買い増すかも、、、

NTTドコモとNTTが安くなっていたので結局ナンピンしました、笑

日本株ならジュニアNISAで配当金に税金がかからないので、無難な日本株にしました。

なんとなく私の中で安心な5G銘柄、デジタル系のNTTに偏っています。。。

日本のデジタル化が進むならしばらくは大丈夫かなと。

これでNTTドコモ300株・NTT200株となりました。

偏っていておすすめはできません、苦笑

増えすぎたので、タイミングをみてNTTドコモ100株は特定口座のままなので売却して30万円分はNISA枠への追加資金にしようと思っています。

今後ジュニアNISA枠で購入しようかなと考えているのは。

日本の個別株であと10年は安定していそうな分野の高配当株系のやっぱりNTT系とか、あとはリーマンショックも耐えたオリックスなどを買い増そうと検討。

自分が応援できる会社です。

日本の株なら税金がない、その代わり株価が上がらない可能性がある。

米国のETFで無難なS&P500のVOOかナスダックのQQQ、高配当ETFのVYM・SPYD・HDVあたりを検討。

米国株は株価は上がるだろうが、税金は取られる。

ただ10年後にまた大暴落が来た時にSPYDみたいな景気敏感株の多い株価の戻りが遅いものはちょっとジュニアNISAには合わないかなと思っています。

高配当ETF全般も株価の戻りが遅いですけどね、、、

株価が高いときに上手く売却できればいいんですけどね。

ジュニアNISAは20歳までの非課税なので、期限があります。

期限があると株価が戻るまで待ってからの売却は難しい。

タイミングが悪いと税金は取られるは、マイナスでも損益通算されないはで散々なことになる可能性もあります。

なのでジュニアNISAは無難なものを買いたいと思っています。

そうするとあと10年は株価が上がり続けそうな米国株さらには無難な米国ETFかなと思っています。






<積立NISAについて>

夫用の積立NISA枠40万円分を利用しようと思っています。

今は私と同じ投資信託のSBI・バンガード・S&P500にしようと思っています。

全世界とかも考えましたが、私は米国がしばらくは強いかなと。

ここは好みの問題で、情勢が変わったら積立銘柄を変更してもいいし。

あとコロナショックでわかったのが一番簡単で精神的にも楽でほったらかしである程度儲かったのが投資信託のSBI・バンガード・S&P500だったんです!

もうこれだけを淡々と買っておけばほんと気持ち的に楽だったなと。

VOOでも良かったし。

個別株とか何を買うとか迷ったり疲れたりブレたりするぐらいならもうS&P500に連動するインデックス投資だけで良かったなと、苦笑

アホだったなぁと反省しました、苦笑

iDeCoは住宅ローン減税の兼ね合いと資金拘束期間が長すぎるのが好きではないので今は保留することにしました。

身動き取れないの苦手なんです。自由が好き。


<まとめ>

コロナショックの株安はもうほぼ終わったので、簡単で楽ないつもの通常の株式投資に戻ろうと思います。

淡々と機械的に積立てるだけのほったらかしです。笑

たまに株が安いタイミングがあればジュニアNISAで買う。

もともとほぼ積立NISAぐらいしか投資をしていなかったので元に戻るだけです。

最近は柄にもなく株のことを無理やり考えてしまっていました、汗

しばらくはジュニアNISA・積立NISAに資金を投入して、特定口座では株を買わないことにしようと思います。

我が家は積立NISAを夫婦2人分40万円とジュニアNISA80万円の年間投資ができたら充分、むしろできたら凄いぐらいの感じですし。

コロナが収まって平和が一番。

楽な投資が最高。

そう言いながらまだちょっと迷いがあります、笑

株価が日米ともまた下落する可能性もありますしね、、、



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。